google-site-verification: google1ae2ec54dea72af4.html

チーフだかリーダーだか知らねえが

f:id:maxm:20190521065830j:image

おはようウルカ。

 

止まり木にとまっている。

 

私は鳥が好きだ。

幼少の頃より鳥には特別な感情を抱いてきた。

空を自由に飛ぶことが出来るなどという、ありふれた理由ではない。

鳥は足を使って電線や木の枝にとまる事ができる。

他にも枝のような細いものに掴まって移動したり、休憩する事ができる動物は沢山存在する。

しかし、枝に対して横向きにとまるという、凛としたその佇まいは、鳥をおいてほかに無い。

 唯一無二のとまり方なのである。

 

私もいつかあんな風にとまってみたい。

そう思うようになるまでに長くはかからなかった。

先ず、二足歩行でなくてはならない。

これは人間である私にとっては大変有利だった。

しかし、ここからが苦行の連続である。

体幹やバランス神経を鍛える事で、細い棒状のものやロープに対して横向きに、ある程度の時間立っていることはできる。

だがこれではとまっているという事にはならない。

しっかりと足で枝を掴む事ができなければ駄目だ。

また、細い枝や電線に止まるということは、厳しい体重制限を余儀なくされる。

私は足の裏で細いもの、小さなものを掴むトレーニングを独自に考案し、寝る間も惜しんで毎日続けた。

同時に体幹やバランスを強化するために体操競技を、減量と鳥のような俊敏な動きを目指してボクシングも始める。

元来のめり込む性質であった私は、体操ではオリンピック強化選手に、ボクシングでは日本チャンピオンとなった。

しかしそれらは私にとってはどうでも良いことである。

止まり木にとまる事に生活の全てをかけた。

30年間、独自のトレーニングを続けたおかげで、今では8時間程度であれば細い止まり木にとまり続けることができる。

数年前に始めた足裏矯正靴下の事業も軌道に乗り、止まり木をふんだんに取り入れたマイホームも購入した。

 

こうして休日になると、止まり木にとまって過ごしている。

しかし、今日は少し落ち着かない。

これから鳥好きを集めた婚活パーティーがあるのだ。

気の合う男性に出会えると良いのだけど。

エンゲージリングは足首にはめるペアのバードリングと決めている。

 

 

俺はこれを居酒屋のカウンターで書いている。

おい、店員よ。

チーフだかリーダーだか知らねえが、客の前でバイトに説教するのはやめてくれ。

せっかくの焼き鳥が不味くなるじゃないか。

 

 

今日のニュース

突然激しい頭痛に襲われ意識不明に。目覚めると過去38年間の記憶が失われていた女性  アメリ

コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任

ウルカはデュビアを10匹