google-site-verification: google1ae2ec54dea72af4.html

フリーズするとバドミントンに陥りやすい

f:id:maxm:20190527180616j:image

こんばんはウルカ。

 

遮光カーテンの端から金色がもれはじめる。

俺はブラックアウトしたモニターを見ている。

非光沢の画面に、ぼんやりと俺のシルエットがうつっている。

マシンは前ぶれもなく、絶望的にフリーズした。

再起動かよ。

セーブした覚えは無い。

気分が乗ってくるといつもセーブを忘れる。

自動バックアップはマシンのパフォーマンスをギリギリまで高めるため、オフだ。

ノリに乗っていた俺の2時間半は、遮光カーテンで覆われたビルの一室で儚くも消えた。

あれ、入稿まであと2時間しかないじゃないか。

こいつはヤベェぜ、暖気にブログを書いている場合ではない。

いや、ここは一旦気持ちを落ち着かせるためにも、全く無意味と思われる行動をしてみるのもアリかもしれない。

よし、隣に座っている同僚を誘って屋上でバドミントンをしようか。

いや、それでは万が一バドミントンの羽根を屋上から落としてしまったら下を歩いている人たちが危険だ。

いやいや、どうだろう?バドミントンの羽根はいくら高いところから落ちたとしても、大した殺傷能力はないのではないか?

これは気になるな、誰か実験している奴がいるかもしれない。

グーグルだなグーグル。

いやいや、殺傷能力がないからといって、屋上からバドミントンの羽根を落とすのはマナー違反だろう。

まてよ、そもそもこんなに陽が傾いていては、眩しくてバドミントンどころではない。

だいたい会社にバドミントンのラケットも羽根もないじゃないか。

落ち着け、俺。

 

隣では同僚がヘッドフォンで何かを聴きながらノリノリでモニターに向かっている。

ムカつく奴だ。

今すぐそのジャックをさしかえて、メルツバウを爆音で流してやろうか。

いや、ここはモンゴルホーミー大全集を爆音の方が攻撃力は上かもな。

牛だって集まってくるかもしれない。

 

俺はしぶしぶと時が止まったままのデータを開く。

あれ、おいおいオイ、セーブされているじゃないか!

俺の無意識のセーブは、時空を超えて現在の俺に微笑みかける。

ありがとう、あの時の無意識な俺よ。

お前がいたから今の俺がある。

隣の同僚よ、ムカついてごめんなさい。

きっとあのカーテンからこぼれる金色のように、素敵な曲を聴いているんだね。

こんどフリスビーでも一緒にやろうぜ。

 

 

今日のニュース

男性がクジラに飲み込まれかけたところから生還、南アフリカ

全身真っ白なパンダ、中国で見つかる

ウルカは休食

宝探しを磨く朝まで

f:id:maxm:20190526065116j:image

おはようウルカ。

 

おうおうおうおうおうおう、お兄さん、きたね、丁度ね、持ってきたからね、僕はね、約束を守る男なのよ、ね、ほらすごいでしょ、お兄さんびっくりするよ、新品だよこれ全部、40年前の新品だよ新品、箱付き!

 

俺は猛暑の中、古い空冷式のエンジンに鞭打って国道をひた走り、あの古時計屋にやってきた。

 

出迎えてくれた店主は相変わらずクソ暑い。

ほらほらほら、たくさんあるでしょ、これがパタパタ、こっちはドラム式、僕はね、明日から沖縄なの、時計屋をね、丸ごと買っちゃうからさ、あとね、骨董市にもでるのよ、セイコー、オメガ、ローレックス、全部持ってね、いくのよ沖縄、暑いよきっと、出張はね、本当にたのしみなの、僕はね、もう68だけどね、酒もタバコもやらないの、時計をね、朝まで磨いているのよ、わかる?ほら、これは宝探しだからさ、あれ、お兄さん、セルビッチジーンズなんて履いちゃってさ、洒落てるね、僕もね、やってたのよ古着屋、もうね11年前に閉めちゃったけどね、まだ倉庫にあるよ501とかさ、すごいやつ、ね、みてよこれ、最近の掘り出し物、セイコー植村モデルだよ、針とか蓄光とかオリジナルだよ、最近は嘘もので修理しちゃって駄目なのばっかりだからさ、ベゼルのね、新品もあるのよ、どこいったかわかんないんだけどね、ね、

 

俺は上の空でパタパタ時計を選ぶ。

コパル、トーキョートケイ、セイコーシチズン、どれもデッドストックだった。

素晴らしい。

迷いに迷ってセイコーを選ぶ。

おうおうおうおう、お兄さん、いいの選んだね、これはラスト一個だよ、もう倉庫にもなし!

電池式だけどちゃんとライトもつくからね、いいよいいよ、これは、いいよ、お兄さん、仕事は?映画俳優?

あはは、会社員ですよ。

おおおおん、なに関係なの?

広告というかデザイン関係っす。

おう、そうなの、いいねぇデザイン、デザインも歌もさあ、もう昔から同じだよね、代わり映えしないよ、おんなじ、もう出尽くしちゃってるよ、大変だよね、ね、この時計もさあ、良いものはずっと同じデザインだもん

そうなんですよ、結局焼き直しばかりなのかもしれませんね。

ハッハハ、そんなこと言わないでさ、すごいやつ、やってよ、すごいの、ほら、若いんだからさ、僕はね、もう68だからさ、酒もタバコもやらないの、ほら、時計が趣味だからさ、朝まで磨くんだよ、これはね、宝探しだからさ

 

 

今日のニュース

アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める

ワタリガラスは感情を共有する。ネガティブな感情が他のカラスに伝染していくことが判明

ウルカは休食

時計屋を丸ごと買う

f:id:maxm:20190525095654j:image

おはようウルカ。

 

夏のような日差しの中。

商店街にある古時計屋の店先には、ゴミと見紛うような朽ちかけの時計を修理している老人。

店内には所狭しと腕時計、掛時計、置き時計など、ありとあらゆる時計が並んでいる。

その殆どが年代物のようだ。

夥しい数の古時計が一斉に時を刻んでいるさまは、夥しい数の老人に囲まれて一斉に何かしらのメロディをハミングできかされているような、異様な圧迫感と不思議な心地よさがある。

 

店の奥には夏の日差しのように暑苦しい眼光の男。

店主だろうか。

俺はその暑苦しい目をなるべく見ないように話しかける。

すみません。

時計をさがしているのですが。

なんて言うんだろう、あの、パタパタするやつ、置き時計で、わかるかな。

あーあぁ、あるよ!

店主は何も無いスペースを指差す。

あ、ここに置いてあったんだけどね、売れたの、売れちゃったのよ。

そうですか、残念だなぁ。

探しているのだけど、なかなか良いのが見つからなくて…

もう何処にも売っていないのかな。

いやいやいや、ウチにはね、あるよ、あるのよ、倉庫に、箱入りで、とってあるの。

コンセント式のと電池式、両方ね、あるの。

倉庫にね、売るつもりは無いんだけど、ほら、僕はね時計が趣味だから、あるのよ、箱入りで、新品が。

 

暑苦しい。

目、以外も。

 

そ、そうなんですね、でも売り物じゃないなら駄目ですね。

いやいやいや、いいのよ、今度ね、ここ、ここにね、倉庫から引っ張り出してきて置いとくから、ここに。

店主はさっきの何も無いスペースを指差す。

あれ、そうなの?だったら買いたいなあ。

いいですよ。いいですよ、ただね、僕はこれから千葉に時計屋さんを丸ごと買いに行くからね、ほら、僕は仕入れじゃなくて、丸ごと時計屋さんを買っちゃうのよ、これから千葉なの、千葉、丸ごとね、買うのよ、ほら、趣味だから、時計が。

何日か後にここ、ここに置いとくから、ほら、倉庫から引っ張り出して。

源さーん!あのさ、この前倉庫で一緒にみたあのパタパタ、箱入りの、あれ、持ってきといてよ、こちらのお客さん、また今度来た時見れるようにさ、え?、覚えてない? うーん、ああ、三郎に聞いたらわかるよ、ほら、僕はこれから千葉だからさ、たのむよ、たのむ。

店主は店先の老人に畳み掛けるようにいいつけると、ヨレヨレの名刺を俺に渡した。

ほら、また電話くれたら、いつでも、ね、ね!ね!

 

 

あれから1週間ほど経つ。

ヨレヨレの名刺は失くしてしまった。

今日は先週と比べものにならないほどの猛暑だそうだ。

いってみようかな。

あの古時計屋に。

 

 

今日のニュース

元小学校教師が7歳少年を性的いたずら、逮捕後に「殺し屋」を雇う

ディズニーランドで働いてくれる“ストームトルーパー”を募集中

ウルカはササミを12切れ

マーガリンの泳ぐ山椒魚

f:id:maxm:20190524171914j:image

こんばんはウルカ。

 

行き交う人々を見ている。

2メートルはありそうな大柄な外国人が、自分の身体よりも大きなバックパックを背負って通りを過ぎて行く。

ソファでも運んでいるのだろうか。

それを見たホームレス歴25年の藤原さんが言う。

ありゃぁオレたちとおんなじだよ。

背中に家をしょって歩いてる。

ホームはないがハウスはあるのさ。

気楽なもんだろ。

ワッハハハ!

藤原さんと会うのはこれで3度目だ。

役作りのため取材をさせてもらっている。

彼らの人生観や哲学のようなものを勉強できれば演技に深みが出るはずだ。

 

今回、元ホームレスのオカマバーのママという役なのだが、なぜ女優の私にオファーがあったのか未だに不思議でならない。

製作陣と何度も話し合ったが、なんとも要領を得ない。

この役柄なら男性の俳優をキャスティングするのが妥当だ。

何かの悪ふざけなのだろうか。

 

女性である私は一度男性になりきった上で女性になりきらなくてはならない。

単にオカマをダイレクトに演じたのでは薄っぺらい作品となってしまう。

この後「ニューハーフclub・山椒魚」にも取材に訪れる予定だ。

 

山椒魚のママであるマーガリン桜子さんは、大学生になる息子と暮らすパパでもある。

結婚して子供を授かった後にニューハーフの世界に足を踏み入れたそうだ。

現在は離婚して息子さんと二人暮らし。

理解のある息子さんで、休日にはふたり腕を組んで買い物に出かけるらしい。

マーガリン桜子さんのお話、仕草など大変参考になった。

今度は取材ではなく客として訪れることを約束して、 ニューハーフclub・山椒魚を後にする。

 

私は帰り道を歩きながら何の気なしに自分の頬に触れる。

びっしりと生えはじめた太い顎髭がチクチクと痛い。

あらやだぁ、先週女性ホルモン注射したばかりなのにぃ!

すれ違いざま若者と肩がぶつかった。

「痛えな、おっさん!変な格好しやがって」

 

なによ、失礼ね。

私はカサンドラ明美

演技派女優として少しは名が知れているのよ。

覚えておいてちょうだい。

 

 

 

今日のニュース

スターバックス、人がいる場所で使うべきでない「有毒な殺虫剤」を使用して訴えられる

「おいアレクサ!その曲はやめろ!」フランクシナトラの曲を流すと停止命令をするヨウム

 ウルカはデュビアを3匹

120bpmくらい

f:id:maxm:20190523084754j:image

おはようウルカ。

 

壁にかかっている時計はカッチコッチと良い音で振り子を揺らす。

週に一度か二度ねじまきをする。

決まった時刻になるとボーンと知らせるが、ぶっ壊れているので決まった時刻を決める事は出来ない。そのためボーンの知らせはいつも俺とは無関係だ。

それでも毎日ボーンと鳴る。

それが良い。

ラジオを消して部屋の音をカッチコッチだけにする。

ソファに転がる。

天井からぶら下がっている電球が実は非常にゆっくりと呼吸をしているのではないかと思う。

ウルカが寝ている。

カーテンの影がトタン屋根の様だ。

広い草原にあるトタン屋根の建物が頭に浮かぶ。

そんな所へ行った事はないので記憶ではなく想像なのかと思う。

まてよ想像もいつか見たものの組合せに過ぎないのであれば、この広い草原にあるトタン屋根の建物も記憶なのかと思う。

時計が無関係にボーンと鳴る。

カッチコッチと夜が深くなる。

俺もひと眠りしよう。

 

 

今日のニュース

NYの公園へヤギ出動、環境に優しい除草活動

ウルカはデュビアを12匹とササミを11切れ

やれやれだぜ

f:id:maxm:20190522075754j:image

おはようウルカ。

 

電車を待っている。

 

列車遅れましてご迷惑をおかけします。

今朝7時15分頃、三鷹駅構内において運転士と水牛が決闘をした為、点検作業をしておりました。

ご安心下さい、運転士は颯爽と闘牛士に成り代わり、死闘の果てに見事水牛を打ち負かしました。

間もなく3番線に列車がまいります。

約35分程遅れて運行しております。

お急ぎのところ列車遅れまして大変ご迷惑をおかけします。

 

なんだ水牛か、それなら仕方がないな。

今日は朝から会議があり、遅刻したくない。

水牛を打ち負かすというのは大変やり甲斐があるし、名誉な事だとは思うが、朝の通勤ラッシュにおいては少し控えてもらいたい。

 

ホームに電車が入ってくる。

運転席の運転士はいつもより少しだけ胸を張って誇らしげに見えた。

 

電車はとても混んでいた。

体を鍛えてムキムキなのは健康的で素晴らしい事だし、鋼の肉体を誰かに見せたいのは理解できる。

オイルを塗る事でより筋肉の隆起が強調される事についても同感だ。

だからといってビキニパンツで体じゅうにオイルを塗りたくった状態で満員電車に乗るのは少し控えてもらいたい。 

ぎゅうぎゅう詰めの車両の中、馬鹿でかいオイル野郎の胸でぬるりぬるりと何度も顔面をすべらせる羽目になった。

 

朝からドタバタと大変な思いをしたが、なんとか会議の時刻に間に合いそうだ。

俺はハンカチで顔についたオイルを拭いながら会議室のドアを開ける。

暗い。

いつの間に工事をしたのだろう、会議室は洞窟の入口となっていた。

何本か立っている松明の一つに俺の名札がついている。

やれやれだぜ。

俺は煌々と燃える松明を手に取ると、洞窟へと飛び込んでいった。

 

 

 

今日のニュース

1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる スイス

4歳から動物になりたかった女性、身につけた四足歩行で駆け回る ノルウェー

ウルカはデュビアを3匹、ササミを10切れ

チーフだかリーダーだか知らねえが

f:id:maxm:20190521065830j:image

おはようウルカ。

 

止まり木にとまっている。

 

私は鳥が好きだ。

幼少の頃より鳥には特別な感情を抱いてきた。

空を自由に飛ぶことが出来るなどという、ありふれた理由ではない。

鳥は足を使って電線や木の枝にとまる事ができる。

他にも枝のような細いものに掴まって移動したり、休憩する事ができる動物は沢山存在する。

しかし、枝に対して横向きにとまるという、凛としたその佇まいは、鳥をおいてほかに無い。

 唯一無二のとまり方なのである。

 

私もいつかあんな風にとまってみたい。

そう思うようになるまでに長くはかからなかった。

先ず、二足歩行でなくてはならない。

これは人間である私にとっては大変有利だった。

しかし、ここからが苦行の連続である。

体幹やバランス神経を鍛える事で、細い棒状のものやロープに対して横向きに、ある程度の時間立っていることはできる。

だがこれではとまっているという事にはならない。

しっかりと足で枝を掴む事ができなければ駄目だ。

また、細い枝や電線に止まるということは、厳しい体重制限を余儀なくされる。

私は足の裏で細いもの、小さなものを掴むトレーニングを独自に考案し、寝る間も惜しんで毎日続けた。

同時に体幹やバランスを強化するために体操競技を、減量と鳥のような俊敏な動きを目指してボクシングも始める。

元来のめり込む性質であった私は、体操ではオリンピック強化選手に、ボクシングでは日本チャンピオンとなった。

しかしそれらは私にとってはどうでも良いことである。

止まり木にとまる事に生活の全てをかけた。

30年間、独自のトレーニングを続けたおかげで、今では8時間程度であれば細い止まり木にとまり続けることができる。

数年前に始めた足裏矯正靴下の事業も軌道に乗り、止まり木をふんだんに取り入れたマイホームも購入した。

 

こうして休日になると、止まり木にとまって過ごしている。

しかし、今日は少し落ち着かない。

これから鳥好きを集めた婚活パーティーがあるのだ。

気の合う男性に出会えると良いのだけど。

エンゲージリングは足首にはめるペアのバードリングと決めている。

 

 

俺はこれを居酒屋のカウンターで書いている。

おい、店員よ。

チーフだかリーダーだか知らねえが、客の前でバイトに説教するのはやめてくれ。

せっかくの焼き鳥が不味くなるじゃないか。

 

 

今日のニュース

突然激しい頭痛に襲われ意識不明に。目覚めると過去38年間の記憶が失われていた女性  アメリ

コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任

ウルカはデュビアを10匹

バッド

f:id:maxm:20190520102018j:image

おはようウルカ。

 

エレベーターに乗っている。

ディスプレイには63と表示されており、一定の間隔で数字が減っていく。

目を閉じる。

真っ白な箱の中で、暗い底へ落ちるというイメージが悲鳴のように残響している。

落ちることに抗う自我は、肉体を脱ぎ捨て上へ上へ残ろうとする。

それとも何者かに自我を引き抜かれようとしているのだろうか。

上へ引っ張られるような浮遊感は、崩壊への恐怖を恍惚へと昇華させる。

 

目を閉じたまま、ステージ上でスポットライトにあたる自分をイメージする。

足先でリズムをとると、自然と身体が動きだす。

マイケル・ジャクソンさんのバッドだ。

ダンスには自信がある。

学生の頃はダンスクラブに所属していた。

振り付けは完璧に身体に叩き込まれている。

軽快なステップと全身を使って躍動する情熱のダンスは、マイケル・ジャクソンさんの真骨頂だ。

我ながらキレッキレである。

んっだっ!ぽぅ!だ、んっだ!

 

徐々にキレをますダンスに、歓声があがる。

観客に向かって挑発するように指をさす。

同級生には歌声がマイケル・ジャクソンさんに似ていると言われた事もある。

歌詞はうろ覚えのところがあったが、ハミングで乗り切る。

くるぞくるぞ。

サビがくるぞ。

テンションは最高潮だ。

 

ユー・ノウ・アイム・バッド、

アイム・バッド・カモン・ユー!

ユー・ノウ・アイム・バッド、

アイム・バッド・カモン・ユー!

アンドふんふんふんふん、

アンサー・ライト・ナウ!

ジャステルユー・ワンサゲン……

フーズバッド!!

ぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉうぅ!!!!!

 

チーン

エレベーターが到着を知らせる。

目を開ける。

階数を示すディスプレイの数字は1になっていた。

ドアが開く。

いつのまにか乗り合わせていた家族連れ、学生、OLとサリーマンの集団は静かにおりていった。

 

麗らかな春の風が、優しく髪を揺らした。

 

 

今日のニュース

物乞いまで「キャッシュレス化」している中国

プラスチックを排泄するカメ ゴミだらけの海に待ったなし アルゼンチン

家族に内緒で鉄釘を食べ続けた男性、胃から116本を摘出 インド

ウルカはデュビアを10匹。

光を見るアホ

f:id:maxm:20190519102803j:image

おはようウルカ。

 

仕事で何かしらのビジュアルを制作するとき、光よりも影を手がかりにする事が多い。

光も影も同じようなものだけど、影の方が少しだけ具体的だから、ビジネスには向いている。

フォトグラファーと話をすると、撮るときに影を目印にしている奴と、光を目印にしている奴でわかれる。

影の奴はそつなくコマーシャル写真が上手い。

光の奴は貧乏になる事が多いが、稀にホームランを打ちやがる。

俺もそろそろ影を見るのはやめよう。

随分前に音楽と少しの悪事で生計を立てていた事があったけど、あの頃は光しか見ていなかった気がする。

経験を積んで賢くなったつもりでいたが、アホの良さを忘れそうになっていた俺はアホだな。

 

よし、オートバイに乗ろう。

 

 

今日のニュース

A・シュワルツェネッガーさん、南アで男に背中蹴られる

ウルカはデュビアを12匹

スリープ

f:id:maxm:20190518133324j:image

こんにちはウルカ。

 

部屋でラジオを聴いている。

老人をボウガンで撃った奴がいるらしい。

頭を狙ったが、外れて唇を貫通する軽い怪我で済んだそうだ。

唇をボウガンの矢が貫通するのが軽い怪我と表現する所に少し違和感を感じたが、頭に深く矢が突き刺さる事を考えると、唇を貫通するくらいは軽傷なのかもしれない。

冷蔵庫から水と作り置きのシチューを取りだす。

シチューを火にかけると美味そうな匂いが部屋をつつんだ。

最近はジビエ料理といって、鹿や猪の肉を食べるのが流行しているらしい。

ネットで材料と作り方を調べ、初めて作ったのだが、なかなか上手くいった。

次は最新の昆虫食にも挑戦してみようと考えている。

パソコンのリターンキーをたたき、スリープから目覚めさせる。

先日納品した記事のお礼と報酬の振込を知らせるメールが届いていた。

ソファに寝転び、最近ハマっている海外ドラマの続きを再生する。

窓の外で、轟々と風が唸っている。

部屋の中でじっとしていれば、風に吹き飛ばされることも、ボウガンで狙われる事もない。

インターネットさえあれば、一切部屋から出る事なく、収入を得る事も、生活品や食料を入手する事も可能だ。

独り山に篭って自給自足で暮らす生き方はもう古い。

よりカジュアルに、都会的に篭り暮らしを始めた僕は最先端だ。

 

こら、ウルカ!

何を寝ぼけた事言ってやがる。

さっさとケージから出て、プロレスごっこやろうぜ。

 

今日のニュース

「生か死か」SNSでアンケート後に少女が自殺か マレーシア

「私は“妻の奴隷”…」解放されたい夫へ、江原啓之が助言

ウルカはデュビアを12匹

コンデジでダイエット

f:id:maxm:20190517122625j:image

こんにちはウルカ。

 

昨日、こてんぱんに仕事をやっつけたら、仕事のやつ、完全にグロッキーで全然起き上がってこない。

もう少し歯ごたえのあるやつはいないのか。

仕方がないので今日は休みにしてやろう。

仕事よ、また来週相手してやるからコンディションを整えておけよ。

しゃーなしだからな!

 

 

やったー!休みだぜ。

 

何かの乗り物を運転しようかと考えたが、今日は遠足に出かけよう。

最近運動不足だし、沢山歩こう。

途中、水分補給を欠かしてはならない。

まあ、アルコール入りなのだけど。

適当に街を歩きながら写真でも撮ろう。

それにしてもフィルム高くなったなあ。

種類もずいぶん減った。

最近はソニーばかり使ってしまっている。

デジカメは惜しげなくバンバン撮れるから、良い写真が撮れてもあまり感動がないね。

中判フィルムなんて一本で10カットしか撮れないから必死だよ。

デジカメも被写体の感情や気迫みたいなものは変わらず写るけど、撮影者の感情や気迫みたいなものは写りにくいね。

記録や仕事ならデジタルが最高。

作品作るならフィルムが良いのかもね。

職業柄、デジタルで静止画やら動画やらをいじり倒しているから余計にゼラチンシルバーラブなのかもしれん。

デジタルの素材にフィルムルックなグレーディングが一番ダサいけど人気なんだよなあ。

 

文章にもそういう質感ってあるよね。

スマホで撮った写真みたいなものもあれば、最新の大口径レンズで撮影した高精細なの、銀塩写真みたいな文章だってある。

ピリオドの人のかめの話は銀塩写真みたいだったな。

 

そうこうしているうちに駅に着いた。

あれ、またソニー持ってきちゃった。

まあいっか。

なに?だからお前はコンデジどまりだって?

うるせーよ。

 

 

今日のニュース

アラバマ州、中絶ほぼ禁止に 性的暴行の場合も認めず

スピワ井戸田、120万円で美容整形

ウルカは休食

輪の中で目醒める

f:id:maxm:20190516124847j:image

こんにちはウルカ。

 

野宿には良い季節となってきたね。

日本はわりと安全に野宿する事が出来る。

世界安全野宿ランキングでも相当上位に入るんじゃないかな。

 

・2、3泊分の必要最低限の着替えとレインウェア

・ベンチの幅にカットしたロール型マット

・ブランケット

・ちっちゃいカメラ

・財布とスマホ

・充電器

・文庫本

これらをオートバイに括りつける。

行き先は決めない。

向かう方角だけはなんとなく決める。

高速道路は使わない。

好き勝手にはしり、とまり、食い、読み、撮り、寝る。

 

野宿でおすすめなロケーションは田舎すぎない地方都市の道の駅のベンチ。

オートバイを身体の近くに置く事ができる。

トイレ、自販機、売店があり、食料や酒類の入手も容易だ。

 

ベンチ幅にカットしたマットを敷き、ブランケットをかぶってバッグを枕に文庫本を読む。

稀に職務質問されたり、暴走族の集会の輪の中で目醒める事があるが、まあ良い思い出となる事だろう。

 

山の中や海辺で、空気がおいしい、海風が気持ち良いなどと、軽装備で寝る奴はアホだ。

山の中では虫にやられ、目がさめる頃には夜露でひとっ風呂浴びてきたのかよ、というくらいにビシャビシャになる。

海辺では潮風を一晩中あびたおかげで、塩で顔面や首筋がベタベタだ。

これが汗と混ざった時の不快感は、想像しただけで気を失いそうになる。

 

 

誰かが遠くで俺を呼んでいる。

あ、午後の打ち合わせ忘れてた。

よし、仕事をやっつけるか。

 

 

 

今日のニュース

北朝鮮で女子高生、大学生の人身売買が増加 家族を救う手段にも

「ねりけし」なぜ大流行したのか?製造・販売会社を取材

南アフリカ国旗のデザイナー死去 「民主主義の象徴」2分で描く

 ウルカはデュビアを5匹、ささみを6切れと砂肝を6切れ

色彩は夜に降る

お題「雨の日のちょっといい話」

f:id:maxm:20190514233130j:image

こんばんはウルカ。

 

 

地下街を歩いている。

無個性な薄いオレンジ色の床がダラダラと続いている。

両脇には様々な店が並び、店員たちは退屈そうに通りを眺めている。

行き交う人々は無表情で、苦しみを感じないかわりに幸せも感じないという契約を悪魔と交わしているのかもしれない。

 

地上に出る階段の手前で、壁に向かって叫んでいる女をみた。

精神が壊れているのだろう。

壊れてしまえば楽になるのだろうか。

戦っているような彼女の仕草は、とても安楽とは思えなかった。

 

階段を上りきると、目が焼けそうなオレンジ色の空が広がっていた。

太陽を乱反射したビルが、キラキラとまるで水面のようだ。

街路樹が長い影をおとしている。

歩行者用の信号機が暖気な音で鳴っている。

あのベンチで少し休もうか。

いや、陽が落ちてしまう前に目的を果たそう。

今日は久しぶりに買い物をする。

400メートルほど喧騒の中を歩き、ビル群の一角にひっそりとある文具店にやってきた。

ボールペン数本と、ノートを1ダース買う。

この店はいつ来ても無愛想だが、良いものが安く買える。

 

店を出るとすっかり陽が落ちていて、夜が始まろうとしていた。

道を戻る。

駅裏にでるため、また地下街へと続く階段を下る。

壁に向かって叫んでいた女は何処かへ行ってしまったようだ。

相変わらず地下街は無表情な大人の群れで一杯だったが、所々で放課後の学生達が笑顔を咲かせていた。

 

今日はどこへ行こうか。

駅裏にはいくつかのお気に入りの場所がある。

その場所で、物語を書くのだ。

 

地上への階段を上ると、いつのまにか降り出した雨が、すっかりと街を滲ませていた。

雨は、一粒一粒に街の灯りを閉じこめて、アスファルトで火花のようにはねている。

 

無数の色彩が、光となって街に降っている。

 

息を呑む。

 

自分の生きるこの世界は、こんなにも美しいのか。

 

 

 

女は、タクシーに乗っている。

客にメールを送ると、ぼうっと窓の外を眺める。

ふと歩道を歩いているホームレスに目がとまる。

強い雨の中、傘をささず、ボロボロの格好で歩いている。

背が低く、痩せている。

負け犬か。

 

対向車のヘッドライトがホームレスを照らし、目深に被ったフードの下が見える。

女が小さく声を上げる。

ホームレスは少年だった。

中学生くらいだろうか。

透き通るような青白い肌と目鼻立ちのはっきりとした顔は、美しいと言って良い。

大切そうに白いビニール袋を抱えている。

タクシーがスピードを上げ、少年は街の風景と一緒に流れていった。

あれは少年ではなくて、少女だったのかもしれない。

そんな事を考えながら、またぼんやりと街を眺める。

 

 

 

雨の中を歩き、やっと目的地に着いた。

表紙が破れて無くなってしまったボロボロの辞書と、買ったばかりのノートとボールペンをビニール袋から取り出す。

持ち物はこれが全てだ。

この場所は雨風が凌げて、街灯の光も入る。

街の喧騒からも少し距離がある。

一番のお気に入りの場所だ。

 

さっそくノートを開いて物語を始める。

 

題名に、「色彩は夜に降る」と書いた。

 

 

 

 

 

今日のニュース

ドイツで謎の死を遂げた5人、中世愛好家の心中か ホテルで死亡の3人は心臓などに矢 AFP

ホームレスは普段どこで何を食べているのか 東洋経済

ウルカはデュビアを16匹

鳩のそれだとしたら

f:id:maxm:20190514083626j:image

おはようウルカ。

 

早朝、まだ目覚める前の住宅街を散歩する。

空気はひんやりと静かで心地が良い。

今日は曇りかな。

雨かもしれないな。

そういえば、雨をテーマに何か書こうと思っていたんだ。

近所の小さな公園を目指して歩く。

アパートの駐輪場に乱雑に置かれた自転車。

カラスが残飯を狙っている。

月極駐車場に隙間なく置かれているクルマ達は、目を開けて眠っているようで、少し怖い。

野良猫がのんびりと道を横切る。

鳥が雲に埋まるように飛んでいる。

街路樹が退屈そうにまた同じ場所に立っている。

 

公園では鳩が何かを啄ばんでいる。

鳩の首の動きは、コミカルとグロテスクの中間だね。

録画して5倍速くらいでループ再生したら没入感が凄そうだ。

帰り道、上半身裸で自転車に乗るアジア人を見た。

裸で自転車で、首の動きが鳩のそれだとしたら、それは一つ、何かの完成形なのかもしれない。

 

ゆっくりと今日が始まった。

雨はまだ降らない。

 

今日のニュース

「半ズボンはいたら逮捕」イラクでお触れ

食パン買ったら 全部"パンの皮"だった イギリス

ウルカはデュビアを9匹

オランウータンかイルカ、または人間を飼う

f:id:maxm:20190513075303j:image

おはようウルカ。

 

爬虫類って良いよな。

 

爬虫類というと、カメやヘビ、トカゲなどがメジャーだね。

カブトムシやクワガタムシと同じく、子供の頃はあんなに夢中だったのに、大人になると興味がなくなる。

少し気味が悪いと感じる人も多いだろう。

 

人間はペットに自分よりも知能が劣っている事を求めるそうだ。

自分より劣っている=可愛い

自分より優れている=可愛くない

らしい。

 

子供にとって犬や猫は賢すぎる。

カメやカブトムシが丁度良いのかもしれない。

子供のくせにカメより犬に夢中な奴は、きっと秀才なのだろう。

大人になったらオランウータンかイルカ、又は人間でも飼うのだろうか。

 

大人のくせに犬より虫や爬虫類に夢中な奴は、ペットというよりも、コレクションとして扱っている。

フィギュア等の収集家に近いイメージだね。

勿論どの世界にも変わり者はいるもので、昆虫やゼニガメに並々ならぬ愛情を持ち、毎日のように対話し、意思疎通を実現しているという大人も存在する。

ちなみに俺の母親は木とよく会話をするそうだ。

 

ああ、そうだった、良いところを言わなければ。

爬虫類でも大型種は鳩から猫程度の知能を持っていると言われている。

長寿命なものが多い。

体臭がない。

鳴かない。

ベタベタと愛情を求めてこない。

動きがのんびりとしているため、みていて疲れない。

目が合うと首をかしげる、手を出すと登ってくるなど、意外に可愛らしい仕草をする。

生態や姿形に古代の生物の名残があり、ロマンを感じる。

俺の話を聞いてくれる。

あれ?おい、聞いてる?

 

 

今日のニュース

ケイン・コスギ 若き日の極貧生活を激変させたヒラメキ「最近、鍛えてるから…」

相手の頭を地面にたたき付ける 傷害でプロレスラーを逮捕

YOSHIKI出演のNHK「SONGS OF TOKYO」、世界中から涙と感動の声殺到

ウルカはデュビアを5匹